カスタマーレビュー

☆ 千葉のチャリじい さん

◇アルトC管

 第一印象は、「低音は柔らかい音だけれど、高音はずいぶんハスキーなんだな」でした。というか、低音部の低いCからGまでは、相当柔らかく息を入れないと音がシャープしてしまうので、柔らかく吹かざるを得ないのです。一方、Aから上は少し強めに息を入れてピッチを合わせる感じ。特に上のE、Fはかなり息を強めないとピッチが合わなくて、それゆえ音がハスキーになってしまって、「吹きこなすのが難しい楽器だな」と思いました。

 ただ、これはあくまで第一印象で、しばらく吹いているうちに、「うまく鳴らせるポイントがある」ということに気づきました。重要な要素は息を入れる角度のようで、これがうまく合うと、とても鳴らしやすくなりました。低音部はあまり気を遣わずに息を入れて大丈夫ですし、高音部も(低音部よりは強めという傾向は同じですが)極端に強い息を入れる必要はなくなりました。高音部の音質も、ハスキーではなく透明感のあるいい響きになったような気がします。オカリナは、それぞれに合う吹き方があるのだなと感じました。

◇ソプラノF管

 下のFから上のFまでは実にスムーズに音を出すことができました。なんですが、そこから上の音が、うんともすんとも鳴らせません。普段はあまりやらないのですが、オカリナを下に傾けて胸に引きつけるようにしてみても、かすれたヒューヒューという雑音ばかりで、全然まともな音が出ません。「私には無理な楽器なのかもしれない」とも思いかけました。

 でも、やっぱり楽器の個性が理解できていなかっただけなのですね。しばらく、ああでもない、こうでもないとやっているうちに、ちゃんと鳴らせるポイントがみつかりました。結局、丁寧なやさしい息の送り込み方と、その角度の組み合わせが大切なのでしょうか。身体の正面でまっすぐ水平に構えたまま、最高音まできれいに鳴るようになりました。アルトC管の高音部より、さらに透明感が増した感じで、このソプラノF管の響き、とても好きです。

◇ソプラノG管

 「うわ、これはすごい楽器だ!」が第一印象です。何の気遣いもなく普通に鳴らして、最低音から最高音まで、実に透明感のある、軽やかで素敵な音を響かせてくれます。これまで、そんなにたくさんのオカリナを吹いたことがあるわけではありませんが、最高のソプラノG管だと思いました。

 ひとつだけ、吹き方に工夫が必要かなと思ったのは、高いGから、その上のFに上がるところです。左手の親指を離して、右手の親指と左手の小指で押さえた状態に移り変わるとき、微妙に音質が変わるのです。わずかに音が強く大きく、硬くなる気がします。ほんの少しだけのことですが、吹いているとそれが如実に感じられるので、どんな吹き方がいいのか、この楽器との長いつき合いの中で、見つけていこうと思っています。

◇ソプラノC管

 これも、実に鳴らしやすい楽器だと思いました。透明感があって軽やか。それでいて、キンキン響く耳障りな音ではありません。吹いていて、とても楽しくなりました。

 ただ、これは私の個人的な身体条件によるものですが、ぶくぶくと太った中年オヤジの芋虫のような指では、この可憐なソプラノC管を取り扱うのが非常に難しいです。すごくコンパクトにかわいらしくできているので、指同士が窮屈にぶつかり合います。いい楽器だとは思うのですが、思う存分吹き鳴らす前に、ダイエットが必要なようです。

◇その他

 すべての管に共通して思うことですが、息をそっと吹き込むだけで、「ポッ」と素朴に、そして力強く響いてくれる感じがとても気に入っています。丸っこい独特の形状も、手によくなじみます。太く丸い吹き口も、唇への当たりが柔らかくていい感じです。この部分の表面は、ニスなどが塗られていないので、唇に貼りつくんじゃないかと懸念していましたが、全然そんなことはないですね。よく磨いてあるからでしょうか。あと、素朴な外観はまるで美術工芸品のようで、眺めているだけで心が和みます。


☆ ホープロッジのそば さん

◇CS管 コメント

手持ちのSCは音が鋭くて吹くのが憚られる感じでしたがこちらのオカリナは全然タイプが違いますね。小鳥のさえずりのような軽やかな音色と吹奏感でイマジネーションをかき立てられます。まだまだこの楽器の良さが引き出せていないと感じます。じっくり時間をかけて分かり合っていきたいと思います。いい楽器に出会えてラッキーでした。ありがとうございます。


☆ yoh7011 さん

◇C管コメント

丸いフォルムから奏でられる、あたたかみのある円い音。この音に魅かれました。
ふくよかでいて伸びのある音。自分が求めていた音はこれでした。

欲を言えば…低いラが出れば申し分ないのですが…

素敵なオカリナをありがとうございます。今はアルト管だけですが、少しずつ揃えていきたい所存ですので、今後ともよろしくお願いいたします。